温泉旅館の女将になって三年の里織さん
両親から引き継いだ旅館を守るため、日々仕事に励んでいた。

そんなある日、三泊四日の団体客の予約が入った
これで今月も乗り切れると喜んでいた里織さんだったが、泊まりに来た男性客達はちょっと難ありな男たちだった…

里織さんにわがままな要求ばかり押し付けようとする客たち
ついには自分が無くした財布を女将のせいにする始末…
そしていやらしい手つきで女将の身体検査を始めるのだった


j116-01
金杉里織
作品当時年齢:59歳
関係:女将と客


作品サンプル動画


宿泊客をフェラ抜き

1発目


無理やり女将さんの唇を奪い、熟れた体をむさぼり始める客。

j116-02
そして気持ちよくしてほしいとフェラを強請るのだった。

「ぁあ気持ちいい」
j116-03
「んっんっんっんっ んん!」

ズチュ!ズチュ!
j116-04
「女将さん、イキそうだ」

「あ!ぁああ! あイク!」

口内発射
j116-05


j116-06
「女将さん、気持ちよかったよ」


2発目


最初は嫌な感じだったお客たちも帰り際にはほっこり和やかな雰囲気に

帰る前、甘えるように女将にフェラチオをおねだりする客

「最後にもう一回しゃぶってくれるか?」
j116-07
「はい」

あれだけ嫌がってたはずなのに…すっかりエッチな女将さん

いやらしい音をたててしゃぶります
ズチュル!ズチュル!
j116-08
「女将さん…」

「気持ちいいですか?」

「ぁぁ…気持ちいいよ」

「また、いつでもいらしてください」
j116-09
「もちろんだよ」

こんなチェックアウトフェラがあればいつだった行きたくなるに決まってます!

「いっぱい気持ちよくなってくださいね」

あんなに嫌がってたのに、こんなにいやらしいフェラチオをする女将さんだったなんて

「んっんっん!」
j116-10
「ぁあ…気持ちいいよ ぁあイキそう…」

「あ!ぁあ!あイク!」

口内発射
j116-11


「ぁあ…気持ちよかった女将さん。最高のテクニックだよ。また必ず来るからね」
j116-12
「お待ちしてます。l是非またいらしてください。」

金杉里織さん、おばさん好きにはたまらない女優さんです

この作品を  ⇒フル動画で視聴する 



羞恥心の配慮一切なし…マニア向けの作品集
カルテマニア